悩みごと生じる年頃?幼稚園の年長ちゃんのこどもの寝言。

小児が幼稚園でお花を育てている。範疇にあれこれおんなじものを育てていて日々水やりやサービスをがんばっている。目下、幼稚園のドクターからテレフォンがありました。それは、うちの小児の苗だけ元気がないそうです。そのことを聞いて、小児に聞いてみました。

「水はじっとあげてるの?」すると小児は、「あげてるよ!ちょっとだけ」どうも水でびしゃびしゃにするとすねるんじゃないかと恐れてちょっぴりしか水をあげてなかったようです。うだうだ調べて、「水はこれくらいあげるんだよ。わからなかったらドクターに聞いてみたら?」と僕が言うと、「はずかしくて聞けない・・・」と元気がなくなってしまいました。

のち花の花盛りは洗いざらい忘れて、夜になりました。夜中、寝ていると大きな感想が聞こえてきました。それは小児の感想だ。「う〜ん・・・わからん・・・どれくらいあげればいいかわからん・・・うぅ・・・」水の与える容量がわからないという内容の寝言を言っていました!そ、そこまで悩んでしまっていたのとは。

朝、「夜中、どうしたの?」と聞くと、「?なんの場合?」と不思議そうでした。何ら覚えていなかったようですが、小児の気がかりを知ってしまったので一緒に解決していこうと思います!