ちょっと遠回りしたけれど、成果オーライ!

今日はディナーにオムライスを作りました。
先日卵を間違えて常時で買ってしまった結果、早めに涸れるためです。

だが、温度がいつもより高かったせいか、今日はちっちゃなドジを重ねてばっかり。
お肉の溶解を忘れたり、まず買っておいた成分を手元に準備するのを忘れ、何度も回廊を往復したり…。
ちょこちょこそんな日光もありますが、何度も被るというほんのり力抜け。疲れているのでしょうか?

因みにあたいは卵焼きを仕立てるとき、本当に少量の水を入れます。
過日同僚に、水を閉じ込めるといった卵臭さが消える、という聴き、お弁当で試したエリアその差は明瞭でした!
卵臭さって何?って思っていたのが、いざ食べるといった「そういうことか」といったはじめて開きを実感しました。
賢く言葉できませんが、テーストがマイルドになるというか、お粗末テーストが消え去るというか…。

卵1~3個に対して、小さじ1杯ほどの水も違いは実感できますので、とにかくお努めください。

因みに今日のオムライスは卵焼きの体格といった数のばらまきを間違え、卵焼きが強敵大きくなってしまいました…。
結局成分を残す関係で、体格オーバーした卵焼きはなかばに切り、半月形の卵をチキンライスの上に乗せることに。

当然疲れているのかな?
それでもテーストはそれなりに出来上がりました。よかった。