維新の会、またも大阪で敗れる。橋下氏頼みのツケか。

大阪・堺市長選は無所属現職の竹山修身氏と、大阪維新の会公認の永藤英機氏との直接対決になりました。この維新の会対反維新の会という構図は4年前の構図と全く同じもので、維新の会にとっては勝ちたい選挙でした。しかし、結果は永藤氏が敗れ、竹山氏が3選を確実にしました。維新の会は選挙基盤であった大阪府の選挙で連敗したこととなり、勢力が確実に弱まっている模様です。そもそも維新の会は既存勢力を打ちこわす姿勢で注目を集めた政党ですが、そのシンボルマークは橋下徹氏でした。しかし、橋下徹氏は維新の会から遠ざかり、政治家としての活動を辞めてしまいました。橋下氏のカリスマぶりに頼っていた維新の会が凋落するのは当たり前と言えます。実際、橋下氏以降の維新の会の党首を答えられますか?いかに維新の会が橋下氏頼みの政党だったかが分かるでしょう。結局、維新の会もタレント議員頼りの政党でしかなかったのです。これでは維新の名前が聞いて呆れますし、明治維新を成し遂げた人々も苦笑しているに違いありません。銀座カラー 通い放題

出来れば、一年中優待を待ちたいので優待が届く日を万遍無くしています。

株を購入にするにあたって、大変なのはどの会社を買おうかという事です。
出来るだけ優待がウキウキして配当金が多い物が良いなと思っています。
その上、資金は限られているので10万円以下で購入できる物が望ましいです。
そんな条件を付けるとなかなか下調べは大変になります。ある程度条件があるので絞る事は出来ます。
そこから株価は最近のと比べると買い時なのか、指し値で待つべきなのか素人なりに悩みます。
会社さえ決まってしまえば、後は購入金額の目途を付けます。直ぐに買おうと思う事もあれば、指し値をして暫く放置する事もあります。
マネックスで口座を開いていますが、1週間だけ指し値設定する事が出来るので毎週金曜日に設定をし直します。
このままの価格で良いのか、もう少し値を上げてでも今直ぐ購入したいのか考えます。
そうして購入出来た会社は暫くは株価をチェックし、一喜一憂します。
株価が下がればもう少し待てば良かったななんて思ったりします。底で買えるはずもないので、ある程度の許容でいいのです。
又、会社をみつくろう時間を過ごします。キレイモ 料金プラン